口臭が発生する場所とゴッソトリノが口臭に効果があるわけ

口臭が発生する場所とゴッソトリノが口臭に効果があるわけ

ゴッソトリノが口臭に効くのには訳があります。

 



 

 

口臭の原因はいくつかありますが、口臭の種類でその原因がわかります。
一口に口臭といっても匂いが発生する場所によってその匂いが違ってきます。

 

口臭が発生する場所

歯垢

歯垢は歯についた黄白色の粘着性の物体で、食べかすの中で細菌が繁殖して歯垢になります。
プラークともよばれ、歯磨き粉のCMでプラークコントロールという言葉も一度は聞いたことがあるでしょう。
歯垢は食後の歯磨きで落とすのが一般的ですが、普通の歯磨きでは半分も歯垢を落とせない場合が多く、電動歯ブラシで磨けばよく落とせますが、歯並びの悪い方ほど磨き残しが多くなり、口臭の原因になります。

 

 

歯周ポケット

歯周ポケットは歯と歯茎の間にできる溝のことで、健康な方は歯と歯茎が密着しているので歯周ポケットはほとんどできません。
歯周病で歯茎が腫れると歯周ポケットが大きくなり、そこに歯垢が貯まりやすくなります。
歯周ポケットの歯垢は歯磨きでは取れにくく、それが原因で口臭が発生しやすくなりますし、虫歯にもなりやすいです。

 

 

唾液

唾液の成分は大半が水分で臭いはありませんが、唾液が乾くと臭いにおいがしますね。
口呼吸などで口が乾くと免疫力が下がって口臭が発生しやすくなります。

 

 

舌苔(舌にできる苔の様なもの)

舌苔は舌に付着する白い苔状のもので、舌に細菌や食べかすが付着したものです。
個人差がありますが舌苔がたまりやすい人もいて、口臭の原因になることがあります。
舌苔を取るには舌ブラシが発売されていますが、舌粘膜の保護のためやりすぎないほうがいいでしょう。

 

 

喉の奥から口臭が発生している場合は病気の可能性があります。
・癌による口臭:免疫細胞の死骸・最近の死骸・血液成分など
・蓄膿症:副鼻腔に膿がたまっている
・膿栓:咳をしたときに出ることがある少し黄色味がかった白色の塊で細菌や細胞の残骸の塊

 

 

 

ゴッソトリノは歯や歯周ポケットの歯垢(プラーク)をゴッソリと落とします。
15~30秒ゴッソトリノで口をすすぐと、口腔内のタンパク質汚れが綺麗に落とせます。

 

歯磨きだけでは落とせない歯垢を落とすから、口臭の原因となる細菌とそのエサまでスッキリ。
ゴッソトリノを効果的に使うには、しっかりとした歯磨きの後に使うと長時間口臭の発生を抑えてくれます。

 

 

手軽に買えるリステリンなどもマウスウォッシュでも落とせないの?
実は一般的なマウスウオッシュでも口腔内の殺菌ができますが、細菌を完全に殺菌することが不可能です。
マウスウォッシュから生き残った細菌は口の中のタンパク質汚れをエサに増殖するので、すぐに効果が薄れてしまいます。

 

口の中の細菌の増殖を抑えるために、ゴッソトリノで細菌のエサとなるタンパク質汚れをゴッソリ落としましょう。

 

 

ゴッソトリノの公式サイトはこちら