歯磨きしても口が臭い!ならゴッソトリノで口臭予防がおすすめ!

歯磨きしても口が臭い!ならゴッソトリノで口臭予防がおすすめ!

歯磨きをしても息が臭い。
口の臭いがどうしても取れない。
そんな方はぜひ、【ゴッソトリノ】をお試しください。

 



 

 

口臭にはいくつか原因があります。

 

口臭が発生する場所でいうと、
・歯及び歯周ポケットなど歯の周辺
・唾液
・舌にできる白い舌苔(ぜったい)
・蓄膿症など副鼻腔に溜まった膿の臭い
・喉の膿汁(のうじゅう)や膿栓
・食べ物・飲み物の臭い

 

 

虫歯や歯周病が原因で歯や歯周ポケットから匂いが発生する場合、しっかり歯磨きをすれば口臭が消えると思われがちですが、虫歯になると歯髄が腐って臭ったり、虫歯菌が歯肉に感染して膿ができ、この膿が原因で口が臭くなります。
いわゆる歯周ポケットが炎症しているときですから、歯磨きでは対処できません。

 

唾液は水分が99%で、濡れているときには匂いはありません。
ですが乾燥すると糠が発酵したような臭いがします。

 

舌苔は舌の表面にあるヒダヒダ状のもので、たくさんの食べかすや細胞の死骸などがたまります。
そこは細菌が繁殖しやすい条件が揃っているので口臭になりやすく、口呼吸で舌が乾くと唾液が減るのでより臭くなりがちです。

 

膿栓は喉の奥にできる臭い玉ともいわれる口臭原因です。
何もしなければ膿栓は臭いませんが、潰して匂いをかぐとすごい悪臭がします。

 

にんにくや生魚などを食べると口臭が発生しやすくなります。
お酒も飲めば臭いますし、コーヒーは口臭を消してはくれません。

 

 

 

ゴッソトリノをおすすめする訳

ゴッソトリノは虫歯菌やニオイ菌を殺菌して菌の餌となるタンパク質汚れをしっかりと落としてくれるので、虫歯対策としても有効です。
ゴッソトリノでうがいをすれば歯周病の心配もなくなり、歯肉が膿むこともありません。

 

舌苔に溜まった食べかすや細胞の死骸もゴッソトリノで取り除けます。
舌磨き用の製品も発売されているので、ゴッソトリノがより効果的に口臭を防いでくれます。

 

ゴッソトリノは膿栓も落とします。
なので膿栓が潰れて悪臭を発生する危険も防げます。

 

ただ、口呼吸で口の中の唾液が減ったり、蓄膿症の臭いは消すことができません。
また、にんにくを食べたあとなど、胃から出る匂いにも効果がありません。
胃から発生する臭いにはブレスケアなどの服用が必要です。

 

ドライマウス症の方は唾液量が少ないので、こまめの水分補給が大切ですし、ゴッソトリノは口臭予防を補ってくれます。
ぜひお試しください。

 

 

口臭対策専用マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」