子供の虫歯予防にゴッソトリノがいいらしい

子供の虫歯予防にゴッソトリノがいいらしい

子供の虫歯を心配するお母さんに、子供の虫歯予防に効果的なマウスウオッシュ【ゴッソトリノ】を紹介します。

 



 

 

虫歯になる主な原因は虫歯菌(ミュータンス菌)ですが、細菌を完全に除去することができません。
どんなに強いマウスウオッシュでもそれは同じですが、ゴッソトリノが虫歯にいいのには理由があります。

 

虫歯菌の増殖を抑えるには、虫歯菌のエサを取り除くのが効果的です。
虫歯菌のエサとなるのは口腔内のタンパク質汚れ。
そのタンパク質汚れをゴッソリと落としてくれるのが新感覚のマウスウオッシュ【ゴッソトリノ】なんです。

 

 

ゴッソトリノは植物由来の成分で作られている新感覚のマウスウオッシュですが、その効果は口の中を殺菌するばかりではなく、虫歯菌や口臭の原因菌のエサとなるタンパク質汚れもゴッソリと落としてくれます。

 

虫歯菌のエサをなくすから、虫歯菌の増殖が抑えられて虫歯にも効果的なんです。
もちろん口臭を発生する菌のエサも無くなるので、口臭も長時間抑えてくれます。

 

 

子供の息が臭いと感じたら、それは虫歯菌が繁殖している可能性が大です。
歯磨きでは落とせない虫歯菌の増殖を抑えるゴッソトリノで子供の虫歯対策にお役立てください。

 

 

ゴッソトリノとマウスウオッシュ成分比較

今までのマウスウオッシュは薬用成分で殺菌をしていましたが、大人でも刺激が強すぎるほどピリピリして子供やお年寄りには使いにくい物でした。
それでもタンパク質汚れは落とせませんでした。

 

 

リステリンは発売されてから120年もたつ世界初のマウスウオッシュですが、当時は安全性など考えていない時代ですから薬用成分たっぷり。
リステリンの主な成分はエタノール・腐敗防止の安息香酸(保存剤)・ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(水に溶けにくい成分を溶けやすくする)・安息香酸ナトリウム(PH調整剤)・着色剤など健康的でない成分でいっぱいです。

 

 

最新のマウスウオッシュNONIOでもエタノール・グリセリン・サッカリン・POE硬化ヒマシ油(可溶化剤)・パラベン(保存剤)・塩化セチルピリジニウム(CPC)・溶剤PGなど、体にいい成分とはいえませんね。

 

 

ゴッソトリノの成分はチャエキス・ドクダミエキス・トウキエキス・クマザサエキス・ウーロンチャエキス・ワレモコウエキス・ホップエキス・マスティック・ビワ葉エキス・キシリトールなどの植物由来の自然な成分が主で、薬用成分としてシメン-5-オールとアラントインが使われています。

 

 

子供の虫歯に効果的なゴッソトリノの秘密をもっと詳しく