ゴッソトリノの成分をリステリンと比較

ゴッソトリノの成分をリステリンと比較

ゴッソトリノは口臭に効果があるマウスウオッシュですが、普通のマウスウオッシュとは何が違うのでしょうか?
まず成分が全然違います。

 



 

 

一般的なマウスウオッシュ【リステリン】と比較してみましょう。

リステリンは元々、外科用に消毒液として開発されましたが、口腔内の殺菌効果があるとわかって世界初のマウスウオッシュとして1895年に発売。すでに135年の歴史があり、世界50か国以上で愛用されています。

 

リステリンの主な成分です。

・1,8-シネオール:強い殺菌・防腐作用
・チモール:歯科医療でも使われる殺菌剤です
・サリチル酸メチル:清涼感のにおいがある医薬品の消炎鎮痛剤
・l-メントール:ハッカのような香りと味の着色料で防腐剤・消炎剤として広く使用
・エタノール:上記の有効成分を溶解するための成分
・安息香酸:保存剤で製品の腐敗を防止
・ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール:水に溶けにくい成分を溶けやすくします
・着色剤:リステリンの色付けに使用
・安息香酸ナトリウム:規定されたPHの値にするために使用
・塩化亜鉛(ジンククロライド):石灰化(結晶化)を防ぎ、歯石の沈着を予防

 

リステリンの成分はいかにも薬品という感じで強い殺菌力がありそうですが、それがピリピリとした刺激のようです。
すすいで吐き出すのが目的ですが、できれば体内に入れたくない成分ですね。

 

 

ゴッソトリノの成分
ゴッソトリノは主な成分が植物由来の成分です。

・烏龍茶エキス:虫歯を予防する効果や、美肌、アンチエイジングにも効果
・ワレモコウエキス:抗菌作用・消炎作用・収斂作用
・チャエキス:抗酸化作用・収斂作用・美白作用・殺菌作用・消臭効果・抗炎症作用・デオドラント効果
・ドクダミエキス:細菌を殺菌し皮膚を修復して再生
・トウキエキス:抗炎症作用・鎮痛作用
・ホップエキス:抗菌・鎮静・保湿・収れん作用
・マスティック:抗菌作用があり口臭を予防
・クマザサエキス:抗菌作用・抗炎症作用
・ビワ葉エキス:炎症を抑える作用・風邪予防・血圧調整・整腸作用・痛み止め・殺菌作用・花粉症・アトピー
・キシリトール:虫歯の発生と進行を防ぐ

 

ゴッソトリノの薬用成分

・シメン-5-オール:低刺激の殺菌作用
・アラントイン:抗炎症作用・組織修復作用・抗刺激作用

 

ゴッソトリノの成分はほとんどが植物由来の安全な成分です。
だから低刺激で体にも安全で、それでいて口腔内の汚れをゴッソリ落としてくれます。

 

 

口臭対策専用マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」